享保年間創業 

木造三階建の稀有な佇まい

素朴でほっこりとした

代々続く伝統のおもてなし

国登録有形文化財の宿

丹後とり貝

他では味わえない


歯ごたえ、風味


その違いをご堪能ください。

大原隆行氏

 宮津市在住の画家・大原隆行氏



当館を描いていただきました。

トピックス

2019.06.04 2020.03.14 2019.03.20

丹後とり貝を食べれる旅館

丹後とり貝を旅館でゆったりとしながら楽しんでみませんか? 丹後とり貝は初夏が旬です。 大きな丹後とり貝を思う存分味わっていただくために茶六本館では主人が腕に撚りをかけて料理致します。 肉厚の身はその歯ごたえが他にはない...

イサザ踊り食い

宮津に春を告げる最初の旬イサザです。 この小さな魚を頂くのは 踊り食い [video width="540" height="960" mp4="https://charoku.jp/wp-content/upload...

宮津で法事のお食事処をお探しですか

宮津で法事ごとのお食事をお考えでしょうか。 茶六本館ではそういった法事の席も承っております。 お寺への送迎もさせて頂いておりますので お寺での法事が終わればそのままお迎えの車に乗っていただき 当茶六本館にてそのまま お...

あ.ら.か.る.と

お知らせ一覧

ほっこりとしたおもてなし

和風旅館

「茶六本館」は、2010年3月に国の有形文化財として建造物が登録されました。
明治までは二階建、大正に三階建に改築 
今後も創業以来の伝統を守り、誠実・親切・実質本位を経営信條として精進いたします。

歴史と伝統

旅のひと時 温かいおもてなし
わが家のようにくつろいでいただきたいと存じます。

春から秋のプラン

ブログ

ブログ一覧

お料理

お料理

四季のそれぞれの味


海からの贈り物



山からの贈り物




丹後の味をお楽しみください。

鰤の味噌漬け

鰤しゃぶ

子持ちイカ

お風呂でほっこり

 宮津温泉ピント湯

宮津温泉

ピント湯の名前は民謡「宮津節」にちなんで名付けられています。
「ピン」の由来は「最高」や「お金」などを意味するという諸説があり、
また「 別嬪」のピンとも言われています。
[ 泉質 ] 含硫黄ーナトリウムー塩化物泉(硫化水素型)

[ 効能 ] 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、うちみ、くじき、冷え性、
疲労回復、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病,高血圧症、切り傷、火傷等。

宮津温泉ピント湯について

京都府で初めての硫黄温泉で、民謡宮津節にちなんで名づけられています。「ピン」には「最高」とか「元気」とか「お金」などの諸説があり、「別嬪」のピンとも言われています。
宮津地区の4軒の宿で温泉に入ることができ、このうち2軒は日帰りの入浴利用もできます。

お問い合わせ

お部屋

客室

純和風のお部屋でごゆっくり おくつろぎください。
真ごころこめたおもてなしで 旅のひと時をごゆっくりどうぞ。

お部屋の様子

お部屋/和室・全十一室


和室十四畳/一室(バス・トイレ)
和室十二畳/一室(バス・トイレ)
和室 六畳/二室(バス・トイレ)
和室 六畳/七室(バス・トイレ無し)

お部屋へ

広間

宴会場

ご宴会
新年会 
忘年会
歓送迎会
法事のお食事
色々な場面で
ご利用ください。

気の合う仲間で、御親戚でのひと時を