享保年間創業 

木造三階建の稀有な佇まい

素朴でほっこりとした

代々続く伝統のおもてなし

国登録有形文化財の宿

春の使者

イサザさざという

つかの間の旬を

茶六本館でお楽しみください。

早春

柔らかな春の日差しがうれしい季節

丹後の春始まりました。

トピックス

2020.03.14 2019.01.26 2019.09.09

イサザ踊り食い

宮津に春を告げる最初の旬イサザです。 この小さな魚を頂くのは 踊り食い [video width="540" height="960" mp4="https://charoku.jp/wp-content/upload...

旅館の朝ごはん

旅館の朝ごはんはよく「何でこんなにおいしいの?」ということを言われますが やはり家庭と違って 上げ膳据え膳というのが一番大きな要因ではないかと思います。 そして普段の生活の中では忙しい中、ご飯を焚いてお味噌汁を作り 焼...

海の京都 天橋立現代アート

「もうひとつの京都-光のアトリエ-太古から未来へと続くみち」として日本三景の一つ天橋立を舞台に行われています。 夏から秋にかけ色々な現代アートが楽しめます。 ぜひ丹後の宮津へお越しください。 秋は9月13日~11月4日...

お知らせ

お知らせ一覧

ほっこりとしたおもてなし

和風旅館

「茶六本館」は、2010年3月に国の有形文化財として建造物が登録されました。
明治までは二階建、大正に三階建に改築 
今後も創業以来の伝統を守り、誠実・新設・実質本位を経営信條として精進いたします。

歴史と伝統

旅のひと時 温かいおもてなし
わが家のようにくつろいでいただきたいと存じます。

お問い合わせ

ブログ

ブログ一覧

お風呂でほっこり

 宮津温泉ピント湯

宮津温泉

ピント湯の名前は民謡「宮津節」にちなんで名付けられています。
「ピン」の由来は「最高」や「お金」などを意味するという諸説があり、
また「 別嬪」のピンとも言われています。
[ 泉質 ] 含硫黄ーナトリウムー塩化物泉(硫化水素型)

[ 効能 ] 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、うちみ、くじき、冷え性、
疲労回復、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病,高血圧症、切り傷、火傷等。

宮津温泉ピント湯について

京都府で初めての硫黄温泉で、民謡宮津節にちなんで名づけられています。「ピン」には「最高」とか「元気」とか「お金」などの諸説があり、「別嬪」のピンとも言われています。
宮津地区の4軒の宿で温泉に入ることができ、このうち2軒は日帰りの入浴利用もできます。

お問い合わせ

お部屋

客室

純和風のお部屋でごゆっくり おくつろぎください。
真ごころこめたおもてなしで 旅のひと時をごゆっくりどうぞ。

お部屋の様子

お部屋/和室・全十一室


和室十四畳/一室(バス・トイレ)
和室十二畳/一室(バス・トイレ)
和室 六畳/二室(バス・トイレ)
和室 六畳/七室(バス・トイレ無し)

お部屋へ

広間

宴会場

ご宴会
新年会 
忘年会
歓送迎会
法事のお食事
色々な場面で
ご利用ください。

気の合う仲間で、御親戚でのひと時を